英断

八百長問題で春場所中止 大相撲消滅の危機

英断だろう。

いま開催すると、八百長をやるわけにはいかない。
だが、すべてガチンコでやると、故障者が続出、土俵の上は死屍累々になってしまう。

つまり、大相撲の興行とは、八百長=ペテンなしには成立しない「見世物」なのだ。
「なんで中止にするんだ! 楽しみにしているファンはどうなるのか!」と反発している人は、結果的に相撲協会の足を引っ張っているのである。
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント