共産主義と資本主義~政治的に正しいおとぎ話

共産主義とは、人間が政府の奴隷になるシステムである。
資本主義とは、人間が金の奴隷になるシステムである。
そして両方とも、奴隷は自分が奴隷であることに気づいていない。

誰も憶えていないだろうが、かつてソ連という国があった。
この国は共産主義だったから、労働者はみんな国家公務員であった。
ウェイターやウェイトレスも公務員だから、無愛想で、形式的なことこの上ない。

あるとき、資本主義の牙城であるアメリカから、一人の旅行者がソ連を訪れた。
彼は憤慨していた。
「この国はいったいなんだ。なんでウェイトレスがあんなにつっけんどんなんだ。アメリカじゃ、どんな客に大しても、ニコリぐらいはするぜ」
それを聞いていた一人のロシア人が、驚いてこう言った。
「なんだ、お前の国のウェイトレスは、金さえもらえれば誰にでも微笑むのか。君らは金の奴隷じゃないか」
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント