ホリエモンもたまにはいいこと言う

自民党から(無所属で)立候補したり、いったい何を考えているかよくわからないホリエモンだが、たまにはいいこと言う。

天皇制の廃止には、僕は賛成である。天皇制を壊滅させるのは、国民の義務であろう。
小泉の言う「聖域なき改革」というのは大嘘で、彼らは決して天皇には手を出そうとしない。

<堀江貴文社長>「大統領制にした方」 外国特派員前に講演 (毎日新聞)

 衆院選広島6区に無所属で立候補しているライブドアの堀江貴文社長は6日、東京都内の日本外国特派員協会で講演し、天皇制について「憲法が『天皇は日本の象徴である』というところから始まるのには違和感がある。歴代の首相や内閣が(象徴天皇制を)何も変えようとしないのは多分、右翼の人たちが怖いから」などと指摘した。

 そのうえで日本の国家体制について「大統領制にした方がいい。特にインターネットが普及して世の中の変化のスピードが速くなっている。リーダーが強力な権力を持っていないと対応していけない」と語った。【谷川貴史】
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

トラックバック

郵政民営化とは本当は何なのか - 公社分割と株式売却の中身(なるほど、キーワードはホリエモンだ)

「世に倦む日日」より。http://critic.exblog.jp/33859

自民党が推すホリエモンについてのナルホド。

ブログ「道化師のソネット」より Before「選挙にはほとんど行ったことがありま

紅組 vs 青組

先日、不用意に大統領制の記事を書いたばかりに、ご訪問下さった方が普段の4倍に。記事にした後知ったのですが、偶然にも堀江氏が「日本は大統領にすべき」なんて発言をした後だったのですね。←”ほりえもん”又は”ホリエモン”と呼べるほど親近感もなく、呼び捨て...