偏見

偏見に満ちた人間は、たいてい純粋で生気にあふれ、魅力的なものだ。

公平な人間は、とてつもなく退屈で、知識で目が汚れている。


人間の目はレンズであり、物を見るには必ずレンズが必要だ。

偏見と主観こそ、光を屈曲させ、本質を明らかにするレンズである。
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント