どぶろくカレー

どぶろくカレー、山形のホテルで新発売

 毎年どぶろくを使った料理の新メニューを打ち出している山形県飯豊町の「ホテルフォレストいいで」で、どぶろく風味のカレーが誕生、新発売された。

 地元産牛肉を使ったビーフカレーに、どぶろくのもろみを約5%の割合で配合。アルコールはとばしてあるものの、強いどぶろくの風味と牛肉の風味が絡まって濃厚な味わいとなっている。



これは面白い。
『世界奇食大全』(文春新書)にもちょっと書いたが、カレーは奇食の聖域であり、サクランボカレーやらトドカレー、アザラシカレーなど、時空を超越したカレーが全国各地に蔓延している。
カレーは非常に味の濃い料理なので、どんな不気味な食材を入れても、一応人間が食べれる食べ物にはなるらしい。

これからも常識を超えた奇食が登場することを期待したい。
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント